ビットコインカジノWIN

仮想通貨ビットコインオンラインカジノ攻略情報サイト

ビットカジノアイオーバナー

ウォレット

ワイルドジャングルカジノと昵懇のWebanq.com(ウェバンク)とは?

投稿日:

かつて日本人が超巨大ジャックポットを出したことで一躍有名になったワイルドジャングルカジノ。このオンラインカジノへの送金や勝利金引出しに使える海外決済機関Webanq.com(ウェバンク)というのがあります。

オンラインカジノにはその他にも対応している海外の金融機関がありますが、結局そのお金はどこに流れ着いて、税金などはどうなっているのでしょうか?

オンラインカジノの決済機関を使う中であまり気にしない人も多いかもしれません。ネッテラーやエコペイズがオンラインギャンブルから撤退することなどを考えるとそこには税金が関係する深い理由があります。エコペイズはまだ撤退していませんが、これからどんどん使いにくくなっていくことでしょう。

オンラインカジノの決済機関は誰がどこで運営しているのか?

オンラインカジノサイトに現金を出し入れし、日本国内からオンラインでお金を賭けてカジノのゲームを楽しんでいる人は現在も多くいると思います。では、オンラインカジノの決済機関である、ネッテラー(Neteller)やウェバンク(Webanq)、エコペイズ(ecoPayz)などの海外決済機関は、誰がどこで運営しているのでしょうか?

ほとんどは海外のタックス・ヘイヴンと呼ばれる無税の国々に拠点を置いて運営されています。その企業の代表者、すなわち社長は日本人以外であることがほとんどですが、アイウォレットのように代表者が日本人のケースもあります。

法律のリスクを回避する経営者たち

オンラインカジノはリアルマネーのプレイと無料のプレイがあります。現実のお金を賭けて遊ぶためには海外の決済機関を活用します。日本国内から実際に金銭を賭けた場合には、不起訴の判例があると言っても、明確な法的が制定されておらず、多少のリスクが残っていると言わざるを得ません。これは決済機関を運営する人たちが最も懸念していることです。

2017年からオンラインカジノは日本で合法のようですね

これには、もしかするとこれから犯罪を助長する(幇助)側面があるかもしれないし、オンラインカジノを利用する前に住んでいる国によっては注意が必要な状態なのです。数々のオンラインカジノ紹介サイトがありますが、サイト閲覧者の解釈には微妙な違いがあります。

日本語にしか対応していないオンラインカジノサイトや、日本人のディーラーが日本人向けにゲームを主催しているオンラインカジノは、利用に際して大変危険ですし、過去に摘発された事例もあります。

オンラインカジノの決済機関が海外拠点なのかを必ず確認する

オンラインカジノをプレイしていて、気になることがあります。NetellerやWebanqは本当に海外で運営されているのかということです。突如としてサービスが終了した、i-BANQなどは日本人が運営していました。海外の金融機関とは言うけれども、そもそも実態がわからないので怪しすぎるのではないか?

初めてオンラインカジノに資金を移そうとしたときに、利用が推奨されている機関とは言っても誰しもがそう不安に思ったはずです。有名な決済機関ならば安心ですが、なかには日本人が一夜で作り上げたような胡散臭い金融機関もあります。Webanq.comを使う前に、少しだけ調査した結果がありますのでご報告いたします。

【注意】Netellerは2016年の8月15日で日本でのオンラインギャンブル決済業務をやめました。現在は、ecoPayz(エコペイズ)とエントロペイが主流です。

【第1位】ecoPayz(エコペイズ)

ワイルドジャングルで使えるWebanq.comとは?

まずはじめに、このWebanqですが、公式サイトに訪問したところ、会社概要や拠点となる所在地が明らかになっていません。そこで、利用規約なる同意書を、穴があくまで私は見てみました。すると、そこにはこのような一文があります。

このユーザー同意書(同意書)は、貴方とWeWS Corp. 2nd Floor, Palm Grove House, Road Town, Tortola, British Virgin Islands, PO Box 3190. (WEBANQ)の契約であり、http://www.webanq.comを通して貴方が利用できるWEBANQのサービス(以下、集合的に「サービス」と表記します)に適用されます。

これは、具体的にどのような意味なのでしょうか?

Webanqを使うためには、同意書に同意してください、との意味であるのは間違いありませんが、誰と誰が同意するのか?

ここを深く理解しなければなりません。

貴方と、WeWS Corp. 2nd Floor, Palm Grove House, Road Town, Tortola, British Virgin Islands, PO Box 3190. (WEBANQ)の契約であり…
この部分です。

つまり、この住所には一体どのような性質があるのか、誰がWebanqの持ち主なのかは最低限、理解すべきです。(持ち主は秘密保護法により判明していません)

Webanq.com運営の所在地はタックスヘイヴン

WeWS Corp. 2nd Floor, Palm Grove House, Road Town, Tortola, British Virgin Islands, PO Box 3190
ここに書かれてある、British Virgin Islands, PO Box 3190とは、以下の地図の場所です。

写真を確認してもらうと分かるかと思いますが、Webanqを利用するに当たり、「貴方はカリブ海のプエルトリコの横にある、小さな島の法人(決済機関)と契約をしますが、規約に同意しても良いですか?」という意味になります。

同意書は次のように続きます。英ヴァージン諸島のトルトラ内ロードタウン市にある裁判所の、対人管轄権に判決を委ねることに同意します。

Attn: Customer Support - Complaints
WeWS Corp.
2nd Floor, Palm Grove House
Road Town, Tortola, British Virgin Islands
PO Box 3190
disputes@webanq.com

これは分かりやすく言うとWebanqを利用して、何かのトラブル(送金決済ミスによる損失など)があった時に、訴訟を起こすならトルトラ島内、ロードタウン市にある裁判所にお願いします、という意味です。

また、その判決内容についてもトルトラ島内、ロードタウン市にある裁判所に従います、という意味になります。通常の規約内容はどこもこのような内容になっていますが、ウェバンクを使う前に予備知識として理解しておきましょう。

Webanq.comは安全なのかどうか?

ウェバンクは海外に拠点があり、しっかりとしたオンライン決済機関であることが確認できました。しかし、対応しているオンラインカジノは知る限りでは、ワイルドジャングルカジノのみです。

ワイルドジャングルカジノの運営会社が子会社として所有している決済機関かもしれません。小さな決済機関であることは間違いありませんが、今のところ大きなトラブルもなく、サイトも前から変わらずにあるので運営体制が崩壊しているなどの危険性はなさそうです。

しかし、ワイルドジャングルカジノ専用となれば、そのオンラインカジノのゲームでしか遊べません。ユーザーが増えなければ、これから淘汰されて、会社自体が潰れてなくなってしまうリスクも含んでいます。

どうしてもワイルドジャングルカジノでなければならない理由がなければ、他のオンラインカジノでも同じようにオンラインスロットやライブバカラで遊ぶことが出来ます。特にこれからは、仮想通貨のビットコインが使えるオンラインカジノの人気が高まるはずです。ビットコインカジノを一番にオススメします。

【第1位】BitCasino.io(ビットカジノアイオー)

投稿者プロフィール

ビットコインカジノマン
ビットコインカジノマンビットコインカジノウィン編集長
現実のカジノでバカラにハマり、次にオンラインカジノのバカラにハマり、そして仮想通貨で遊べるビットコインカジノのバカラにたどり着きました。

ビットカジノアイオーバナー

2018/4/20、遂に・・・PAIZACASINOでアジア最大級のジャックポットが出ました!今回ジャックポットが出たのはマイクロ社のMEGAMOOLAH(メガムーラー)その賞金額はなんと…177,875,092.00JPY!!!

パイザカジノジャックポット

おすすめ記事

1

オンラインカジノで遊んでいると、ビットコインのほうが送金手数料が安いのか? それともエコペイズのほうが送金手数料が安いの ...

2

どうも。キムチ鍋です。昨日深夜にラーメン屋に行ってきました。近くに吉野家とラーメン屋があるのです。 文章については下手な ...

3

ビットカジノアイオーの登録方法を紹介します。簡単に登録できます。サイトに到着したら、「登録」のボタンを押してください。 ...

-ウォレット
-, , , , , , ,

Copyright© ビットコインカジノWIN , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.