ビットコインカジノWIN

仮想通貨ビットコインオンラインカジノ攻略情報サイト

サムライクリックホーム画面より引用

ビットカジノアイオーバナー

実践編

オンラインカジノのアフィリエイトASPサムライクリックとは?稼いだら納税義務?

投稿日:

オンラインカジノもアフィリエイトも、この言葉は聞き慣れない人のほうが多いはずです。アフィリエイトとは、あなたのWEBサイトやブログサイトなどで、広告主の商品やサービスを紹介し、サイトを訪れたユーザーが商品を購入するなど、売上があがった場合、サイト管理者が報酬(広告収入)を受け取ることができる仕組みを言います。

広告収入と聞くと、まるで広告会社のように聞こえますが、これは個人でもパソコンのスキル次第で可能なプログラムです。広告主と、あなたの仲介役となるのがASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)です。

芸能人によるステルスマーケティング

芸能人などが、知名度を活用してブログなどで自身の愛用している化粧品やグッズなどを紹介していることがあります。あれを想像すると分かりやすいかもしれません。本人が実際に愛用していることもあれば、企業とスポンサー提携を結び、一定の報酬を得て紹介をしているケースが多く見られます。これをステルスマーケティングと言います。

本人は商品を使っていないのですが、使っているように見せかけて、企業から報酬だけをもらっている悪質なケースもあります。こうなると本当の商品価値が分からなくなります。

一般人でも可能なアフィリエイト

一般人でも、様々な企業の商品やサービスをWEB上で紹介し、広告収入を得られる仕組みがアフィリエイトです。毎月、数百万円単位の報酬を獲得している個人のスーパーアフィリエイターも確かにいます。割合としては、ほんの一握りの数%しかいないのが現状でです。

理由としては、アフィリエイトを始めたけれどもすぐに挫折して諦めてしまうからです。しかも、紹介している商品に対する知識も乏しく、そんな簡単に儲かるシステムは世の中にはありません。人々は誰かのために働いているものです。

勘違いされやすいアフィリエイト

現在はインターネットの発達により、アフィリエイトも法人化して組織として参加している企業も散見されれます。アフィリエイトに、実はオンラインカジノもあります。オンラインカジノの場合は、有名なASPの一つとしてサムライクリックがあります。他にも悪質な、AEアフィリエイト(AE Affiliate)と呼ばれるものもありました。詐欺まがいのマルチ商法ビジネスだと嫌煙され、勘違いされているのがオンラインカジノのアフィリエイトです。

マルチ商法とは?

マルチ商法とは、無限連鎖講の防止に関する法律によって禁止される「ねずみ講」と組織の拡大方法で類似点が多くあります。ねずみ講が金品配当組織であるのに対して、連鎖販売取引を含むマルチ商法は商品の販売組織(役務の提案も含む)である点で区別されています。

なお商品の販売が主と主張する組織であっても、その商材の実際の価値が販売価格に比べ著しく低い場合には商品販売は主と見なされず、金品配当が主と見なされ、ねずみ講とされています。

オンラインカジノの場合は、一時期「会員を増やせば報酬が増える」といったマルチ商法まがいの勧誘に関する被害が増え、勘違いされる傾向にあります。これらの多くは、実態の無いサービスです。「必ず儲かる」などの甘い誘い文句を用いて、大学生など、社会的に無知な若者を狙い勧誘するケースが多くあります。しかも、初めに初期費用のみを出資させる仕組みになっています。

その後、数回は配当を出すことが多いのですが、ある日突然もっともらしい理由を述べて「出資額を増やせ」と要求してきます。これに納得して出資してしまう、無知な人間が後を絶たちません。出資すると終わりです。

運営実態のない会社であるため、たちまち雲散霧消して連絡が付かなくなることは殆どです。大まかな手口としてはこのようになっており、非常に悪質です。

そんな簡単に儲かるシステムがあれば世の中の全員がやっているだろうし、会社員は誰ひとりとしていなくなります。騙されるほうも、努力せずに何も調べずに「楽して金を儲けたい」との怠惰な気持ちが原因にあります。騙す側は最も悪いが、何も調べずに騙される若者達を救うのも急務です。アフィリエイトと言っても誰かの為の情報発信でなければなりません。

オンラインカジノのアフィリエイトについて調べてみよう

2016年の3月にオンラインカジノで初の逮捕者が出ました。その後、一名が裁判で闘い不起訴になったのはオンライカジノ業界では有名な話です。その報道に関連して、オンラインカジノのアフィリエイトも問題があるような説も流れました。しかし、問題なのはそこではありません。

2017年からオンラインカジノは日本で合法のようですね

サムライクリックは安心できる大手ASPです

サムライクリックの会社名は「Intertainment Asia Inc.」です。似たような名称の、海外のゲーム開発会社などが多数存在します。拠点は海外になります。つまり海外法人です。

Palm Grove House Road Town 438(パーム グローブ ハウス・英領ヴァージン諸島)

この住所に関しては、平成25年3月14日に関東財務局から、無登録で金融商品取引業を行う者として、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針に基づき、警告書が発出されています。商号が「IDSA Investment Ltd.」に対するものであり、その内容も勧誘資料を用いて、顧客から店頭デリバティブ取引等の投資判断の一任を受け、投資運用を行うとしていたもの、となっているため関連性は無いです。

英領ヴァージン諸島も、当然ながらタックスヘイブン「租税回避地」と指摘されています。租税回避地の明確な定義は国際的にまだ確定したものではありませんが、ここでおさらいしておきます。

タックスヘイブンの問題性

安倍政権は、新成長戦略と骨太方針で法人税減税を打ち出していますが、タックスヘイブンを活用することによって世界第2位となる莫大な税逃れをしている日本の大企業からまともな税金をきちんと払ってもらうことの方を何よりも優先すべきだと思います。

東証に上場している上位50社のうち45社がタックスヘイブンを活用し、ケイマン諸島だけの活用に限っても、日本の大企業は55兆円で、アメリカに次いで世界第2位の規模です。つづく、イギリス23兆円、フランス20兆円、ドイツ17兆円で、後に続く各国を合わせた額に相当するぐらい日本の大企業はタックスヘイブンを活用し税逃れをしているのです。

タックスヘイブンの指標や基準

  • 無税、あるいは極めて低い税率。
  • 法的な規制がまったくないか極めて緩い。
  • 金融規制や法人設立規制など、簡単に法人が設立できるような法制度になっている。
  • ひとつの国の中にありながら、その国の法律とは別の緩い法律体系が適用されている。
  • 秘密保護法などで情報が隠されている。
  • 法人や個人の真の所有者が隠されている。
  • 名義上の名前になっていて誰のものか分からない。

「誰の会社か分からない」というように秘密が守られていることから、守秘法域とも呼ばれます。秘密保護法などによって、情報が隠されていることがタックスヘイブンの大きな特徴です。

オンラインカジノのアフィリエイトについてもっと詳しく知ろう

2016年3月に、個人ユーザーがオンラインカジノのリアルマネープレイをしていたとして摘発された件で、日本のメディアの報道に関し、サムライクリック側からも届いていた見解があります。サムライクリックより引用させていただきます。

サムライクリックの見解

こんにちは!
サムライクリックの○○です。

本日は突然ですが、3月10日に報道各社から配信されたニュースに関しまして、サムライリックの見解をお届けいたします。
アフィリエイター様としては、今回、このようなニュースが初めて配信されたことで、ゲーミングサイトへ日本人プレイヤー様を紹介する行為。
すなわち、ゲーミングアフィリエイト自体が、
・法的に問題あるのか?
・今後も続けて大丈夫なのか?
・どのような影響が出るのか?
という、不安があると思います。
そこで、サムライクリックでは、提携をしている各カジノプログラム様とも連絡を取り、サービスとしての見解などを求めている最中です。
その中で、ベラジョンカジノでは、日本のアフィリエイター様の置かれている状況を、大変心配しており、いち早く、この件に対して回答を得られましたので、こちらにまとめさせていただきます。
ベラジョンカジノが株式を上場している企業。
というのは、サムライクリックでも、これまでにお伝えしております。
それだけにベラジョンカジノは、投資家様などの利害関係者も多く、社会的責任を負っております。
具体的には、
・厳しい上場審査
・法律上の規定
・コンプライアンスを経た体制
など、嘘偽りない報告の元、経営をする責任があります。
その上で、上場企業は経営の舵取りをして、何か重大なミスがあった場合、株式の価値が下がってしまい、投資家様に多大な損失を被らせてしまいますので、新たな展開には慎重になります。
例をあげますと、今回の日本市場の進出がいい見本となります。
もし、国際的にオンラインカジノが違法だと、判断されている国に強行して進出し、それが問題になった場合、重大な経営上の責任につながります。
そのため、ベラジョンカジノでは日本進出の際には、日本人プレイヤーを受け入れるにあたり、厳密な日本市場の法律状況の精査を受け、運営者および、プレイヤーに対しても違法性となる証拠はない。
という、結果を受け、進出した経緯があるようです。
また、今回の3名に逮捕状が出たことに関しては、ベラジョンカジノとは関わりのないカジノのため、具体的な内容までは分わからないとしたうえで、賭博法の解釈を超越したものだと捉えているようです。
また、もしも法的な問題に発展したとしても、ベラジョンカジノの正当性をアピールする体制も整っているとのことです。
話は、ベラジョンカジノから変わりますが、サムライクリックとしても、運営当初から、ゲーミングアフィリエイトに対しての法律に関しても充分にチェックをし運営をしております。
また、ベラジョンカジノの見解でもある通り、違法ではないビジネスの集客を行っておりますので、アフィリエイター様の活動が、法的に問題ないと判断をしております。
そのため、サムライクリックとしても、ベラジョンカジノの法的な正当性を支持する立場として、引き続き、応援をしていきたいと考えております。
なお、今回のニュースで話題になりましたカジノサイト自体、サムライクリックとも提携をしておりませんので、
・どのような資金の流れだったのか?
・どのような運営を行っていたか?
・実際、本当の問題は・・・?
など、詳細は分かりませんが、サムライクリックと提携をしているプログラムは、社会的に信用もあり、健全なプログラムとなっております。
また、他のカジノ様へも見解を求めておりますので、届き次第、そちらもご紹介いたします。
ご心配な点もあるかと存じますが、引き続き、サムライクリックをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
今後ともサムライクリックを宜しくお願い致します。

サムライクリックの見解趣旨

  • ベラジョンカジノは株式を上場している企業であり、運営に当たり投資家との利害関係が大きい。
  • 国際的にオンラインカジノが違法だと、判断されている国に強行進出し、それが問題になった場合、重大な経営上の責任につながる。
  • 経営上の責任につながることを洞察し、日本市場に進出する前に、厳密な日本の法律状況の精査を受けている。
  • 従って、運営者および、プレイヤーに対しても違法性となる証拠はない。

オンラインカジノのリアルマネープレイヤー3名が逮捕されたことに関して、ベラジョンカジノとは関わりのないカジノのため、具体的な内容までは分わからないと前置きをし、賭博法の解釈を拡大したものだと説明しています。

サムライクリックは優秀なASP

こんばんは!
サムライクリックの○○です。
本日は、最近のオンラインカジノの報道の中で、その「不安」に乗じた悪質な事案が発生しましたので、ご報告いたします。
具体的に、「どのような事案か?」ご説明をいたしますと、記者と名乗る人物が「取材」と称して、ある一部のアフィリエイター様のサイトへメールを送り、返信を催促させる内容のものです。
これだけでは、何も問題がないように思われますが、実は、メールの内容には、
・ゲーミングアフィリエイトは悪質な行為
・ただちに、警察庁サイバー犯罪対策課に連絡する
・でも、返信をしたら通報はしない
など、アフィリエイター様の現在の不安につけこみ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
意図的に「返信」を催促させており、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
取材とは、かけ離れた脅迫となっております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回、このような事案に関して、ゲーミングアフィリエイトに対して、事実と異なる内容で不安を煽り、サムライクリックとしては、アフィリエイター様の利益を損ねる行為として、大変悪質だと考えております。
また、すでにメールを受け取っているアフィリエイター様の中には、
・無視しても大丈夫なのか
・返信したほうがいいのか
・どうしたらいいのか・・・
など、対応に、相当の不安を抱えていることと思われます。
そこで、サムライクリックとしては、「返信をしない」という、手段を取って欲しいと思います。
「でも、その後にトラブルに発展したら・・・」
と、ご心配をされるかもしれませんが、サムライクリックが代理人として対応をいたしますので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もし、問題が大きくなりそうな場合は、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すぐに、サムライクリックまでご連絡を下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脅迫も視野に法的な手段も検討し、アフィリエイター様の代理として解決を進めますので、その点は、ご安心を下さい。

目には目を歯には歯を

このような問い合わせは、日本では刑法第222条に定められている犯罪で、未遂罪が存在しない脅迫の罪に当てはまる可能性があります。 脅迫罪は生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知し、人を脅迫する行為です。脅迫をした者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処されます。

脅迫罪においての脅迫とは、相手が恐怖心を感じるかどうかは問いません。法人に対して脅迫罪が成立するかどうかは争いがありますが、保護法益から考えて、成立しないという下級審裁判例があります。ただし、代表取締役など法人の機関である人物に対する脅迫罪は成立します。

一般人が畏怖するに足りるものであればよいのです。「殺す」という言葉のほかに、「刺す」「しばく」「どつく」「殴る」「埋める」なども該当し、「何をするかわからない」などと、暗に加害行為をする旨を告げる場合でも成立します。

必ずしも犯罪行為に限られないというのが判例です。正当な行為を告知して脅迫になるのはおかしいという学説もあります。「お前の不正を告発するぞ」と言った場合、真実の追究が目的ではなく、単に畏怖させる目的であれば脅迫罪は成立します。

引き続き、サムライクリックからの通知本文を引用してみます。

ただ1点。
上記の対応についてのご注意ですが、サムライクリックが代理として対応ができるのは、サムライクリックのサービスだけを利用されている
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アフィリエイター様
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が対象となります。
といいますのも、サムライクリック以外の他のカジノプログラムをご紹介されている場合、弊社ではカジノプログラム側と協力体制がとれず、正当性を主張することに支障が生じることが予想されるためです。
そのため、代理としての対応は、サムライクリックのサービスだけを利用されているアフィリエイター様だけが対象とさせていただきますので、あらかじめ、ご了承くださいませ。
サムライクリックでは、アフィリエイター様がトラブルに巻き込まれぬよう、アフィリエイター様の利益と活動を、引き続き、保護して参ります。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせを頂けると幸いです。
サムライクリックはアフィリエイターの皆様がアフィリエイト活動を行いやすい環境を整え、アフィリエイター様、カジノ、すべての関係者がウィンウィンの関係になるよう努力しております。

まとめ

オンラインカジノのアフィリエイトのほとんどが、悪質だと言われているようですが、それは単に深層まで調べていないほうが悪いとしか思えません。そこには当然ながら法律も関係しています。各国における税金分野も関係しています。

オンラインカジノは、これから日本国におけるカジノ合法化に先んじて、カジノのルールを学んだり、ゲームのギャンブル性の高さを勉強する意味では、大いに参考になる市場です。

何年先になるか分かりませんが、日本でも現実のカジノでお金を賭けて遊べるようになったとして、ルールも勉強せずに参加して資産をむしり取られる人間が続出しないことを願います。

投稿者プロフィール

ビットコインカジノマン
ビットコインカジノマンビットコインカジノウィン編集長
現実のカジノでバカラにハマり、次にオンラインカジノのバカラにハマり、そして仮想通貨で遊べるビットコインカジノのバカラにたどり着きました。

ビットカジノアイオーバナー

2018/4/20、遂に・・・PAIZACASINOでアジア最大級のジャックポットが出ました!今回ジャックポットが出たのはマイクロ社のMEGAMOOLAH(メガムーラー)その賞金額はなんと…177,875,092.00JPY!!!

パイザカジノジャックポット

おすすめ記事

1

オンラインカジノで遊んでいると、ビットコインのほうが送金手数料が安いのか? それともエコペイズのほうが送金手数料が安いの ...

2

どうも。キムチ鍋です。昨日深夜にラーメン屋に行ってきました。近くに吉野家とラーメン屋があるのです。 文章については下手な ...

3

ビットカジノアイオーの登録方法を紹介します。簡単に登録できます。サイトに到着したら、「登録」のボタンを押してください。 ...

-実践編

Copyright© ビットコインカジノWIN , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.